美肌を作る「ゴールデンタイム」って知ってる?

0157_2

美容関係者であれば、誰もが知っている「ゴールデンタイム」があります。

 

それは、夜の10時から翌2時まで。

 

この時間がゴールデンタイムと呼ばれ、別名「体の成長タイム」とも呼ばれています。「寝る子は育つ」という言葉もありますよね。

 

ゴールデンタイムにしっかりと寝ていると、細胞がどんどん作られます。子供であればすくすくと成長しますし、大人であれば肌が生まれ変わります。

 

ぜひとも、ゴールデンタイムにはぐっすりと睡眠時間を確保したい! ……とはいえ、夜の10時かぁ……僕の日常生活では、まだばっちり目が冴えている時間帯ですね。

 

効果的な美肌ケアを行うためには、このゴールデンタイムを利用するのが良いですね。しかし、夜10時にすでに眠りに入ろうとするのは、難しいと感じる人も多いかと思います。

 

そこで、寝る前にやっておくべきポイントをご紹介します。

 

まず、肌のバリア機能をしっかりと作ります。夜の洗顔後、化粧水で水分を十分に与えて、乳液やクリーム、美容オイルやバームなどの油系成分を含んだ化粧品で肌を包み込みます。そうすることで、肌の一番外側に、シールドのようなバリアができます。

 

次に、肌細胞の代謝に必要な栄養を与えましょう。効果的に送り届けるためには、血流を良くすることが大切です。

 

そこで、マッサージが有効になります。このときのマッサージは、リンパマッサージではなく、静脈マッサージになります。肌表面に刺激を与えることで、静脈を押し上げて効率良く血流が流れるようにします。

 

マッサージの前にやっておく2つのポイント

0157_3

また、マッサージを始める前に、少しだけ周りの環境を整えると、バリアの下につけた美容液などの栄養がどんどん浸透して効果的な美肌ケアができます。

 

ひとつは、手を温めることです。手が冷たいと、肌がキュッと縮こまってしまい、血流が流れにくくなります。マッサージを始める前にまず、手をお湯につけたり、こすり合わせたりして温めるようにします。それでも冷えが改善されない場合は、簡易的ですが、カイロなどで温めるのも良いですね。

 

もうひとつは、寝ている間の寝室の湿度を一定に保つようにすることです。せっかく作った肌バリアを寝ている間にもキープさせるには、適度な湿度が大切です。特に冬場の暖房は、極端に湿度を下げてしまいます。加湿器などを使って湿度を保つようにしましょう。

 

僕も冷暖房を使うシーズンには、家庭内で加湿器を使って湿度を調整しています。最近は空気清浄機と加湿器が一体化しているモデルも販売されているので、オールシーズンで使える点が気に入っています。

 

他にも、僕は出張などでビジネスホテルに泊まるときは、入浴で塗れてしまったタオルなどを固めに絞って、備え付けのハンガーなどにエアコンの送風口近くにかけるようにしています。

 

最近はビジネスホテルのサービスで、無料で加湿器を貸し出すサービスも増えていますね。水を入れるだけの持ち歩ける小型加湿器も、1,000円前後でホームセンターなどで販売されています。

 

寝ているときに電気を使いたくない人には、このような水だけで加湿できる小型タイプもおすすめですよ。

 

さあ、たった3分の静脈マッサージにトライ

0157_4

さて、準備に2分ほどかかりましたね。いよいよ残りの3分で、効果的なマッサージを行います。

 

顔中の血流を効率良く巡らせるには、静脈を流してあげることがポイント! やりかたは、いたって簡単。静脈が集まるポイントに向けて、指の腹でさするだけです。

 

肌の老廃物の80%は、静脈によって運ばれます。ですから、静脈マッサージを行うことで、血流促進だけでなく、むくみやくすみの解消に効果がでますので、美肌ケアにはぴったりです。

 

静脈が集まるポイントは、3か所です。1つ目は「耳球」と呼ばれる、耳の穴の前にあるもみあげの始まりにあたる部分です。顔の上半分の静脈がここに集まっています。

 

2つ目が「耳垂」です。耳垂は、耳たぶの下にあるポイントで顔の下半分の静脈を流します。

 

最後が「マンディブラーノッチ」というポイントです。えらの角から1cmほど内側にある、浅いへこみを指します。顔にある太い静脈(顔面静脈と言います)は目頭の部分から上記へこみ部分にかけて流れていますので、実際にマッサージを行う場合には、この部分を中心に行うことが多いです。

 

マッサージの方法は、いたって簡単です。目頭に人さし指、中指、薬指の腹を置き、目頭からマンディブラーノッチに向けて、さするように流していきます。このとき、強く押しつけたり引っ張ったりせず、軽い圧力で押し流すように行います。

 

その後、額の中心から耳珠に向けて、続いて、目頭の下あたりから耳垂に向けてさするように流していきます。これを繰り返すことで、顔中広にがる静脈の流れが活発になります。寝る前にちょっと試してみてくださいね。

 

美肌に関しては、別の切り口でこういう記事もあります。こちらも参考にしてみてくださいね!

芸能人並みの美肌を生み出す秘訣!それは食生活にあります

 

※今回紹介した静脈マッサージは、持病などがない人を対象に執筆しております。ですので、持病がある方や妊娠中の方は、主治医に相談のうえで行ってください。

>>なかきれい酵素 期間限定 390円お試しモニター 実施中
>>新商品「ぬかべじ」販売開始! 初回500円キャンペーン 実施中
週1回、はま通信の更新記事と「メルマガ読者限定のお得情報」をお届けしてます。
メールアドレス  *